作業着をクリーニングに出す場合のコツ

仕事で使う作業着は、汚れやすいという特徴があります。

常に清潔な状態を保ちたいなら、クリーニングに出す方法がおすすめです。ただし、重油など、なかなか落ちにくい汚れがありますから注意が必要です。クリーニングに出す場合には、重点的に汚れを落としてもらうように依頼しましょう。

尚、宅配クリーニングや法人向けクリーニングを請け負っている業者もいます。

職場で欠かせない作業着について

作業着を着用する職場は多いです。作業着を身につけていれば、私服が汚れるのを防ぐことができます。特に、戸外で仕事をする職場では、作業着の着用が欠かせません。砂や泥が衣服に付着しやすくなるからです。中には、重油などの油汚れが付きやすい職場もあります。

油汚れは、繊維の奥まで染み込むので要注意です。ほかに、絵の具やペンキなどの塗料も、なかなか汚れが落ちにくいので気をつけましょう。汚れた作業着を着たままで仕事をすると、スタッフのモチベーションが下がります。

会社のイメージも悪くなりますので、注意しましょう。汚れが目立たないようにしたいなら、黒や茶、濃紺など、色が濃い作業着を選ぶ方法がおすすめです。汚れを気にすることなく、仕事に専念できます。白やベージュなど、薄い色の作業着は避けましょう。

また、作業着の素材について配慮することも大事です。ポリエステルが混合されている素材ならば、汚れが付着しにくいので適しています。さらに、撥水や撥油、防汚加工がほどこされている作業着も販売されています。汚れが付きにくい上に、洗濯をした時に落ちやすいという特徴があります。

新たに作業着を購入する場合には、機能性について確かめることが大切です。

作業着の衛生状態を守るために

仕事をしていると、泥や油が付いたり、汗をかいたりして、作業着が汚れやすくなります。そのまま放置していると、作業着が傷みやすくなりますし、悪臭を発することもあります。作業着の衛生状態を守りたいなら、定期的に洗濯をすることがポイントです。

特に、汗を大量にかいた場合は、仕事が終わったら早めに洗濯をしましょう。襟の周りが黄ばんだり、悪臭が繊維に染み込んだりして、作業着が劣化しやすくなります。汚れや臭いがひどいと感じたら、酸素系の漂白剤を使いましょう。

塩素系の漂白剤は、色が落ちる心配がありますので避けるべきです。また、汚れが染みついている部分には、重点的に手洗いをする方法が効果的です。洗剤をつけてから丹念に揉み洗いをすれば、汚れを落とすことができます。

気になる部分に酸素系の漂白剤をかけて、しばらく浸けておけば汚れが落ちやすくなります。部分洗いを済ませてから、洗濯機に入れて作業着を洗いましょう。ただし、ほかの衣服と一緒に洗うと、汚れや臭いが付着する恐れがあります。

洗濯をする時は、作業着とほかの衣服を分けるように心がけましょう。尚、洗濯の回数が多いと、作業着が傷みやすくなります。肘や膝、袖口や襟周りは、素材が薄くなりやすい部分なので注意しましょう。作業着の裏に布を縫いつけて補強すれば、丈夫で長持ちします。

また、脱水の時間にも配慮しましょう。短時間で済ませれば、作業着の劣化を避けることができます。

クリーニングに出すメリット

自分で作業着を洗濯をしても、なかなか汚れが落ちないケースはよくあります。特に、油や塗料の汚れは落ちにくい傾向があります。自力で汚れを落とすことが困難だと判断した時は、作業着をクリーニングに出しましょう。

特殊な洗剤や洗濯方法を導入していますから、安心して申し込めます。部分的なシミ抜きにも対応しているために、頑固な汚れを落とすことができます。また、アイロンがけも行っていますので、シワのない状態で作業着が戻ってきます。

尚、作業着をクリーニングに出す場合には、いくつかの注意点がありますので心得ておきましょう。まずは、汚れの種類を明確にしておくことがポイントです。泥やペンキなど、汚れの種類によって洗剤や洗濯方法が変わるからです。

さらに、素材の特徴について伝えておきましょう。帯電防止や難燃素材の作業着をクリーニングに出す時は、必ず特徴を申し出ておくことが重要です。ほかに、危険防止の反射材を縫いつけている作業着もありますので、十分に配慮してもらえるようにお願いしましょう。

作業着の定番ニッカにはどんな種類があるの?誰でも出来るオシャレな着こなしとは?

クリーニングを有効に活用する方法

作業着をクリーニングに出す場合には、各業者の特徴を把握しておきましょう。宅配クリーニングや法人向けクリーニングを行っている業者もいます。宅配クリーニングのメリットは、自宅もしくは会社まで届けてもらえることです。

仕事が多忙などの理由から、クリーニングに行けないケースは多いです。けれど、クリーニングのスタッフが来てくれるなら、店舗を訪れる手間を省けます。また、社員の作業着をクリーニングに出してくれる会社もあります。

そのような会社からの依頼を積極的に引き受けている業者が増えています。大量に作業着のクリーニングを依頼しますので、割引制度を導入している業者は多いです。尚、正式に申し込む前に、必ず見積もりを申し込みましょう。

ツナギ服とセパレートタイプの作業着では、クリーニングの料金が異なります。一着につき千円から二千円の料金を設定している業者が一般的です。ただし、作業着の素材や汚れ具合によって、料金が上がる場合もあります。

見積もりは無料ですから、費用に関する心配はありません。さらに、クリーニングの納期も確かめましょう。短期間で仕上げる業者もいます。

もしもトラブルが発生した時は

クリーニングから作業着が戻ってきたら、必ず細かいところまで点検しましょう。ボタンやファスナーの不具合をチェックすることも大事です。汚れが落ちていない部分が見つかった時は、もう一度クリーニング業者に問い合わせてみることが大切です。

汚れが落ちなかった部分に、シミ抜きをしてもらえます。尚、どうしても落とすことができない頑固な汚れもあります。汚れが落ちない理由について、業者から説明してもらいましょう。納得することができます。

作業着を大切に着用するために

作業着を身につけて仕事をすると、モチベーションが上がりやすくなります。私服に汚れが付くのを避けることもできます。作業着を大切に着用したいなら、定期的に洗濯しましょう。しつこい汚れや臭いが取れないと、作業着が劣化しやすくなります。

どうしても自分で汚れを落とせない場合には、クリーニングに出しましょう。部分汚れにも対応してもらえます。

作業着に適した防寒ベストの選び方について

投稿日: